2004. Viola and cello - advancedComposed by Paul Hindemith (1895-1963). パウル・ヒンデミット (Paul Hindemith、1895年11月16日 - 1963年12月28日)は、ドイツ・ハーナウ出身の作曲家、指揮者、ヴィオラ奏者。その他にもヴァイオリン、クラリネット、ピアノなど様々な楽器を弾きこなす多才な演奏家であった。, 第一次世界大戦後、ロマン派からの脱却を目指し、新即物主義を推進。20世紀ドイツを代表する作曲家として同時代の音楽家に強い影響を与えた。また生涯に600曲以上を作曲。交響曲やオペラばかりではなく、オーケストラを構成するほぼすべての楽器のためのソナタを作曲した。, 1895年11月16日ドイツのハーナウに生まれた。父親はシレジアのナウムブルク・アム・クヴァイス(現ポーランド領ノヴォグロジェツ(英語版))出身の職人で、芸術家になろうとしたが成功しなかった。自らの夢を託そうとして、父は子供たち(パウル、弟のルドルフ、妹のトーニー)に厳格な音楽教育を施した。1908年にフランクフルトのホッホ音楽院に入学し、ヴァイオリンをアドルフ・レーブナー(英語版)に学ぶ一方で、作曲と対位法をアルノルト・メンデルスゾーンとベルンハルト・ゼクレス(英語版)に学んだ。父は子供たちで弦楽三重奏団をくませて演奏させた(パウルはヴァイオリン)[1]。, 1913年から劇場の管弦楽団のヴァイオリン奏者として音楽家としてのキャリアを開始した[2]。生計のためにコーヒーハウス、ダンスホール、映画館などで働くこともあった[3]。20歳の時にフランクフルト・ムゼウム管弦楽団(フランクフルト歌劇場管弦楽団)のコンサートマスターを務めている。1915年からは師のアドルフ・レーブナーの弦楽四重奏団のヴィオラ奏者をつとめた。第一次世界大戦で父親は戦死した。ヒンデミット本人も1918年に従軍している。この時代に書かれた曲は大部分がヒンデミットの生前には出版されなかった[2]。, 戦後、ヴィオラのソロ奏者としての活動を行うとともに、多くの作曲を行った。1920年に結成したアマール弦楽四重奏団では、8年間にわたり活動し、1921年に開かれた第1回ドナウエッシンゲン室内音楽祭において『弦楽四重奏曲第3番』作品16の初演を行っている。1924年にフランフルト歌劇場の主席指揮者であったルートヴィヒ・ロッテンベルクの娘のゲルトルート(ヨハンナ・ゲルトルーデ)と結婚した[4]。, 1927年にベルリンに引っ越し、ベルリン音楽大学の作曲科の教授をつとめている。当時ヴァイオリンのヨーゼフ・ヴォルフスタール(没後はシモン・ゴールドベルク)、チェロのエマヌエル・フォイアーマンと結成した三重奏団は有名で、自身が演奏するための弦楽三重奏曲も作曲している。作曲家としてはオペラ、映画音楽、あるいは電子楽器トラウトニウムのための音楽など幅広い活動を行い、自ら演奏するためのヴィオラやヴィオラ・ダモーレのための曲も書いた。ヒンデミットは国際的に有名になり、ダリウス・ミヨー、イーゴリ・ストラヴィンスキー、フランツ・シュレーカーらと知り合った[5]。, ナチス・ドイツ時代のはじめにおいてはヒンデミットの評価は揺れていた。1934年にフルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によって交響曲『画家マティス』が初演され、大成功したが、この曲は大きな論争を呼び起こし(ヒンデミット事件)、12月にヒンデミットはゲッベルスによって「無調の騒音作家」とされた。1936年には公式にヒンデミット作品の演奏が禁止され、1938年の退廃音楽展でも批判された。作品の発表の場を失ったヒンデミットはベルリンから離れることが多くなり、1935年にはトルコ政府からの依頼で、音楽教育の編成に携わり、アンカラ音楽院の開校に尽力した。1937年から1939年まで毎年渡米している[6]。, 1938年夏にスイスに亡命し、ヴァレー州ブリューに住んだ[6]。さらに1940年にはアメリカに亡命し、イェール大学の教授としてニューヘイブンに住んだ[7]。アメリカ時代の教え子にはルーカス・フォス、ノーマン・デロ=ジョイオらがいる[8] 9, for soprano and large orchestra (1917), Melancholie, Op. 10 (-) - V/V/32 - 219×⇩ - Peter, Cello 4 6 パウル・ヒンデミット (Paul Hindemith、1895年 11月16日 - 1963年 12月28日)は、ドイツ・ハーナウ出身の作曲家、指揮者、ヴィオラ奏者。 その他にもヴァイオリン、クラリネット、ピアノなど様々 … 8 2 (1922), Variations on "A Frog He Went a Courting" for Cello and Piano (1941), Three Pieces for cello and piano, Op. 10 Henning Landaas (viola), Vegard Landaas (saxophone), Elzbieta Nawrocka (piano), Bjørg Lewis (cello), Rolf-Erik Nystrøm (alto saxophone), Julia Rebekka Adler (viola), Thomas Ruge (cello), Wilfried Strehle (viola), Karina Wisniewska (piano), Wolfgang Boettcher (cello), Wesley Baldwin (cello), Sheila Browne (viola), Katrin Melcher (viola), Martin Ostertag (cello). Do you usually like this style of music? Leave it blank if you wish to appear as "Anonymous". 10 Paul Hindemith String Duet Sheet Music, Cello Sheet Music  10 Easily share your music lists with friends, students, and the world. If you are up to the technical demands, especially of the cello part, THE classic viola/cello duo is Beethoven's Mit Zwei Augengläsern Obligaten, which is usually mis-translated as "Two Eyeglasses Obligato". 4 Duration 4'. 1 (1918), Sonata for Solo Violin No. Sheet music. (-) - !N/!N/!N - 1846×⇩ - Malytrax, PDF typeset by arranger • We reserve the right to discontinue or change the terms of this offer at any time. 10 (1918), Triosatz [retitled 'Rondo' by editor Siegfried Behrend] for three guitars (1925 or 1930), Wind Septet for flute, oboe, clarinet, bass-clarinet, bassoon, horn and trumpet (1948), Konzertstück for two alto saxophones (1933), Violin Sonata No. 0.0/10 (-) - !N/!N/!N - 52×⇩ - DonC, Content is available under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 License Edition Schott. After purchase you can download your video from your Digital Library. 25, No. 3 (1923), Pieces (unaccompanied double bass) (1929), Canonic sonatina for two Flutes, Op. 2 *#471489 - 0.30MB, 16 pp. (-) - V/C/32 - 15532×⇩ - Coulonnus, PDF scanned by D-BNba Aldershot: Ashgate. Paul Hindemith: Duet (Scherzo) for Viola and Cello - Play streams in full or download MP3 from Classical Archives (classicalarchives.com), the largest and best organized classical music site on the web. Paul Hindemith Sheet Music  *#284066 - 0.56MB, 11 pp. Sonatina for Viola and Cello, Op. 25, No. -  6 (-) - !N/!N/!N - 47×⇩ - Tom12, PDF typeset by arranger This part is copyrighted due to significant editorial additions and is omitted from the scan. 10 2 -  Misc. Kater, Michael H. 1997. -  If you have any suggestions or comments on the guidelines, please email us. • Page visited 82,553 times • Powered by MediaWiki 18, for soprano voice and piano (1920), "Ein Jäger aus Kurpfalz", for strings and woodwinds. • Orders using this coupon are not eligible for Affiliate credit. 10 All rights reserved. Is the transcription accurate? -  Part 2 was discovered in 1948 and published (together with a reprint of part 1) in 1952, and was edited by Carl Haas (1913-2005). Paul Hindemith: Drei Gesänge op.9 (1917) (1/2), Symphonic Metamorphosis of Themes by Carl Maria von Weber, Ouvertüre zum "Fliegenden Holländer", wie sie eine schlechte Kurkapelle morgens um 7 am Brunnen vom Blatt spielt, "Hindemith in Final Week as Symphony's Conductor", International Music Score Library Project, Konzertmusik for Brass and String Orchestra, https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=List_of_compositions_by_Paul_Hindemith&oldid=989452705, Short description is different from Wikidata, Articles with International Music Score Library Project links, Creative Commons Attribution-ShareAlike License, Fünf Stücke für Streichorchester (Five Pieces for String Orchestra) (1927), Marsch über den alten "Schweizerton" (1960), Concerto for Flute, Oboe, Clarinet, Bassoon, Harp and Orchestra (1949), Concerto for Trumpet, Bassoon and Strings (1949), Lustige Lieder in Aargauer Mundart (Merry Songs in the Aargau Dialect), Op. 8 pages. Hurry, offer only good while sheet music supplies last! Specializing in bowed stringed instruments. 2, Op. 4 47: no 4 by Günter Raphael 5. 6 11, No. Coulonnus (2013/6/29), Complete Score and Parts *#286355 - 0.12MB, 4 pp. Duet for viola and cello (1934) (also known as Scherzo) Vier Stücke für Fagott und Violoncello (1941) (Four Pieces for Bassoon and Cello) Eight Pieces for 2 violins, viola, cello and double-bass (1927)